NetNebulas-VA DefRAD

NetNebulas-VA DefRAD 仮想アプライアンス

VA-DefRAD◆国内開発、物理アプライアンスと共通の使いやすい管理画面 ◆充実した製品機能/運用管理/セキュリティ機能 ◆テクニカルサポートを含む期間ライセンスにて年間契約が可能

仮想環境

・VMware vSphere / vSphere Hypervisor / Workstation ・Microsoft Hyper-V

推奨動作環境

・物理プロセッサ 3GHz 2 コア、仮想プロセッサ1、メモリ 2GB ・ネットワークインターフェース1、ストレージ容量 50GB

販売形態

・ライセンス販売 (単年契約/複数年契約/テクニカルサポート費用を含む)   評価申込ボタン   ※個人でのお申込み、競合、ならびに競合関係会社様からの評価お申込はお断りさせていただく場合がございます。

主な機能

2段階承認ワークフロー対応 [新機能]

Web申請は、事前ユーザ登録なしの場合の利用申請、ユーザ登録がある場合のクライアント証明書発行依頼の両パターンに対応します。利用者は所属グループを選択し利用者など必要情報を記載し利用申請を行います1次承認、2次承認は所属を選んだグループに設定された承認者が行います。 Windows端末からの申請時、申請端末のMACアドレス自動取得が可能です。

クライアント証明書 / アカウント初回認証端末限定機能 [新機能]

MACアドレスの自動登録機能、クライアント証明書とMACアドレスによる2要素認証の2機能によりクライアント証明書の使いまわしを防止します。

WebAPI [新機能]

WebAPI(WAPI)は外部プログラムを使って通常画面から行う操作を遠隔から、あるいは自動で操作するなどを可能にするものです。 外部プログラムはインフィニコが提供するWebAPIに従って連携用プログラムを作成することになります。

IPv6対応

IPv4認証に加えてIPv6認証に対応。IPv6に関連するRADIUS属性の使用が可能。 最小500ユーザから1000ユーザ、2500ユーザ、最大25,000ユーザ版をご用意しました。 ライセンスアップグレードによる拡張も可能。

多彩な認証方式に対応

無線LAN認証で使用されるIEEE802.1X認証、リモートアクセスに利用されるPAP/CHAP認証を標準で搭載。

高度な認証方式に対応

認証機器の制限やユーザ毎に認証方式の設定をする事が可能。 同一装置で、3つの認証方式に対応します。無線LAN / 有線LAN / SSL-VPN などで別の認証方式をとることができます。

プライベート認証局(CA)

プライベート認証局(CA)を標準装備、クライアント証明書および外部サーバ証明書を発行する事が可能。 また、ユーザ自らポータル画面にアクセスし、クライアント証明書をダウンロードする事も可能。

外部証明書利用の認証機能 [新機能]

装置外の証明書を使った認証に対応します。大学、研究機関などで活用が進む、UPKI電子証明書発行サービスなどを利用できます。本機能は、DefRADでのCSR作成から外部で発行されたサーバ証明書の 取り込み機能、外部CA証明書のインストールで構成され、DefRADをプライベート認証局として構成することなく外部クライアント証明書によるRADIUS認証に対応。

Active Directory(AD)ドメイン連携

標準でWindows Active Directory(AD)ドメイン連携のユーザ認証およびコンピュータ認証に対応。 以下のMS Windowsサーバのバージョンに対応しています。 ○2009年 Windows Server 2008 R2 ○2012年 Windows Server 2012 ○2013年 Windows Server 2012 R2 ○2016年 Windows Server 2016 ※対応可能なMS Windowsサーバは、最新から3世代前までのバージョンに限り対応 また、複数のRADIUSプロキシにも対応。 さらに、複数のNetNebulas DefRAD製品同士の連携機能によりユーザ数拡張ニーズも対応。

LDAP連携機能 [新機能]

学校などでの利用が多いLDAP連携認証に対応。

RADIUSアグリゲーター機能

最大3台までのNeNebulas DefRADを接続することにより、最大75,000ユーザまでスケールアウトできます。

NTPサーバ

NTP(時刻同期)サーバ機能を実装。

オペレーションFacilitator

レポート出力、未使用端末の抽出・削除、プロファイル定義、一括操作、自動端末スキャン、認証エラー閾値設定、認証エラー通知等の充実した管理機能を搭載。

ダッシュボード機能(設定管理)

自装置設定情報の内容が一目で判るダッシュボード上で設定確認や変更が簡単に行う事が可能。

初期設定ウィザード、メール自動送付機能(運用機能)

自装置の初期設定をより簡単に行う初期設定ウィザードを搭載。設定情報はメール/FTP転送で自動送付も可能。 また、設定ロールバック機能、コマンドラインインターフェース(CLI)も対応。さらに、外部連携API(WebAPI)も搭載。

多彩な冗長構成

DDHA(Active-Active)方式による拠点間の冗長を標準構成で実現。同一拠点の冗長も可能。 また、V-HA(仮想IPアドレス)による同一拠点の冗長構成にも対応。

充実したログ

認証ログ、アカウンティングログ、システムログ、操作履歴等の充実したログが取得可能。取得したログの表示、転送およびクリアが可能。 ※操作履歴に関しては今後対応予定

SNMP エージェント機能

SNMPv1/v2c MIB-Ⅱ(RFC1213)をサポート。ベンダー固有MIBにも対応。

主な仕様

製品名 NetNebulas-VA DefRAD
型番 INV-SRD-5K INV-SRD-10K INV-SRD-25K INV-SRD-100K
メーカ希望小売価格 オープンプライス
RADIUS機能
IPv6
ユーザ数 5,000 10,000 25,000 100,000
クライアント証明書 発行(枚数) 10,000 20,000 50,000 200,000
外部サーバ証明書 発行(枚数) 100
RADIUSクライアント数 500 1,000 2,500 10,000
ユーザグループ数 5,000 10,000 25,000 100,000
ライセンスアップ 上限
認証方式 PAP, CHAP, MS-CHAP, MS-CHAPv2, EAP-MD5, EAP-TLS, EAP-PEAP(MS-CHAPv2,GTC),EAP-TTLS(PAP, CHAP, MS-CHAP, MS-CHAPv2, GTC), LEAP, EAP-FAST
認証プロファイル 3認証方式に対応
Windowsドメイン 認証連携 100,000
LDAP連携 100,000
RADIUSプロキシ 80
NTPサーバ
冗長構成 DDHA(Active-Active),V-HA(Active/Standby 仮想IP)
設定方法 WebGUI、CLI、WebAPI
設定ロールバック
設定バックアップ 手動(WebGUI)、自動(メール添付)、自動(FTP転送)
ソフトウェアロール バック
SNMP MIB-II、ベンダMIB (SNMPv1/v2c)
SNMPトラップ 標準トラップ(SNMPv1/v2c)
時刻同期 ○(NTPサーバ2箇所)
ログ 認証ログ、アカウンティングログ、システムログ、操作履歴 ※操作履歴に関しては今後対応予定
Syslog転送 ○(2箇所)
停止方法 WebGUI, UPS連携
LANインターフェース 仮想ネットワークとして1ポートを使用

お問合せ先

価格・購入先に関するお問合せ先はこちら:お問い合わせフォーム ご購入前の製品機能に関するお問い合わせ先はこちら:お問い合わせフォーム

Copyright © 株式会社インフィニコ All Rights Reserved.